October 13, 2016

発声中、以前投稿した内容の「本人が聞いてる声と聞き手が聞いてる声が違う」のは知ってるけど何故??という質問。

A. 発声してる本人と聞いてる人では、音の伝達ルートが違うから。

聞いてる人は、話し手の声が空気伝導して耳に届いて(外から鼓膜を通って)声を認識していま

す。

話し手は、耳(外)から聞く声に加えて、自分の声(体内で生じた振動)が頭蓋骨を伝わって直接内耳の聴覚神経に届く音も認識します。

ちなみに、体内からの音はやや低音(250ヘルツくらい)をキャッチしやすいので、録音した声(ほぼ他人が聞いてる声)は自分が思ってるより高いっていう誤差があ...

October 6, 2016

こんにちは~美姿声ピラティスインストラクターKyomiです。

声について、昨日の続きを書いて行きます。

息が声帯を振動させる

吐く息が声帯を振動させ、空気が通るときにブザーのような「ブー」といった音を出すのですが、普通、私たちは直接聞くことが出来ません。ここでは音の高低や強弱が作られます。

しかし、音色に変化はもたらせません。

・声道で共鳴する

声の音色が作られる。声帯を通り抜けた息が口と鼻に分かれて共鳴のバランスを調節しながら声をつくります。共鳴する部分の形や大きさが人それぞれ違うので、声が人によって異なります。

・声に舌・唇・顎・歯・頬の変...

October 5, 2016

こんにちは~美姿声ピラティスインストラクターKyomiです。

最近、「声」についての質問をよく受けるので、何回かに分けて声について書いていこうと思います。

まずは、みなさんが当たり前のように出している声はどうやって出ているのでしょう?

 ①息を吐く。

  肺から気道を通って息が外に出ていきます。

 ②吐いた息が喉頭にある声帯の閉じたところに当って、声帯を振動させ断続音(ブザーのようなブーといった音)を作ります。

 ③その音が声道(咽頭(のど奥)、口腔(口)、鼻腔(鼻))を通り、その空間で共鳴をしていろいろな声になります。

 ④共鳴してできた声に舌...

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

April 16, 2019

January 28, 2017

December 1, 2016

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ソーシャルメディア:

  • w-facebook